自宅で学習意欲を維持しやすい大学院を探してみよう

通信制大学院は、一般的な大学院と比べて授業料をはじめとした費用が安いことや、頻繁に通学をする必要がないことから、会社員や公務員、自営業者など様々な立場の社会人の間で人気が集まっています。一方で、自宅での学習や研究がメインとなるため、日ごろから学習をする習慣がない人や、自己管理が苦手な人は、スムーズに学位取得に必要な単位を取得するのが難しいといった問題もあります。そうした中、所定の期間内に修士や博士の学位取得を目指したい人は、学習意欲を維持しやすい環境が整っている通信制大学を入学先に決めることがおすすめです。たとえば、電話やオンライン上でのサポートがしっかりとしている通信制大学院は、年齢や職業にかかわらず多くの人から支持されています。

自分の職業や将来を見据えて研究科を選択しよう

通信制大学院への進学を希望する場合には、自分の職業や将来のキャリアを見据えて研究科を選択することが重要です。特に、建築や機械、化学といった理系分野の研究科がある通信制大学院を選ぶにあたっては、受講する科目やスクーリング授業の回数によっては、授業料の負担が大きくなったり、学位取得までに時間が掛かったりすることもあるため気を付けましょう。一方で、語学や社会科学などの文系分野は、理系分野と比べて授業料が安くなるものの、学位を取得してもあまり社会で評価されないケースもあります。なお、自分に合った研究科を見つけるうえで、入学試験を受ける前に評判が良い大学院の相談会やオープンキャンパスを利用するのも有効です。

通信制大学院とは自宅にいながらネットや映像などメディアを使用し修士課程や博士課程を修了できる制度です。