社労士って何をする人?

社労士とは社会保険労務士のことで国家資格です。労働や社会保険に関するエキスパートです。会社では従業員の雇用や退職、社会保険の加入などがありますが、その手続きを社労士が行ったり、職場で発生する労働に関する問題は社労士が解決します。

社労士の具体的なお仕事は?

企業が従業員を採用すると、その従業員の社会保険や労働保険の手続きが必要になります。それらの手続きを代行するのが社労士の具体的なお仕事です。社会保険の中には健康保険や厚生年金、労働保険の中には雇用保険や労災保険が含まれています。これらの保険があることで、従業員は安心して働くことができます。
また、就業規則や賃金についてアドバイスしたり、セクハラやパワハラ、残業代の未払いなど従業員と会社の間にトラブルが起こったときに解決に導くのも社労士の役割です。
労務や労務管理について調査・分析し、改善策を講じる労務診断も社労士の大切な仕事のひとつです。
このように社労士の仕事は、従業員が安心して働けるような環境を作る、とても大切な役割を担います。

社労士はどこで働くの?

社労士の求人は、企業の人事部や総務部での募集が一般的です。また、コンサルティング会社や社労士事務所に勤務し、企業の経営をサポートする働き方もあります。

どうすれば社労士になれるの?

社労士は国家資格なので、社労士になるには国家試験に合格し、社会保険労務士名簿への登録が必要です。しかし社労士の合格率は低く、難関な資格といえるでしょう。
労働環境の整っている会社はまだまだ多くはないのが現状です。合格の難しい資格ではありますが、社労士の仕事は社会のためになる、やりがいのある仕事といえるでしょう。

渋谷の社労士は優秀な人材がいますので質の高いサービスを提供してくれます。早くて確実な成果を求める事ができます。